CLS-Holandへようこそ

Posted 2014年9月28日 By cls-holand

CLS-Holandへようこそ

KeePer PROSHOP のコーティング、手洗い洗車の専門店です。

大阪府豊中市でコーティングPROSHOPとしてボディガラスコーティング、馴染みのあるポリマーコーティングの各種コーテイングと手洗い洗車が、自慢です。他社のコーティングをされている方の洗車やコーティングメンテナンスも行っています。その他ボディ廻りを綺麗にすることをメインとしていますが、エンジンオイルの交換やタイヤの交換など各種メンテナンスサービスの他、車検などもしています。

自分で洗車やコーティングをされる方も結構いらっしゃいますが、コーティングの下準備(鉄粉、水垢除去)なんかの面倒で大変な作業の単品注文なども歓迎です。洗車用品の店頭販売もやっています。目立つ店、大きな店ではありませんが、気軽に訪れることができる散髪屋さんや町医者のような車が綺麗になってリラックスするお店です。作業中は近所のCafeでおいしい珈琲で時間つぶしもあったりします。
ブログやフェイスブックなどで日常の事などを綴っていますので参考に訪問してください。

HPではいろいろなお店のお知らせやキャンペーンなどのご案内をメインにさせていただいています。。

 

小さなお店ですが、気軽に来店していただければうれしいです。

ご来店、お待ちしています。

Be the first to comment
     

のぼりを久しぶりにかえてみた

Posted 2017年6月17日 By cls-holand

さてさて、今回、CLSホランドでは

久しぶりに店頭ののぼりを交換しました。

デザインもこれまでとは違うものにして

よりわかりやすい訴求力のあるデザインの

のぼりに変更いたしました。

 

どうでしょう。

 

 

 

 

遠目でみるとこっち

 

こんな感じです。

 

なかなかいいじゃないですか 😆

 

最近の天気はというと梅雨に入りましたというけれど、

梅雨前線が沖縄付近で停滞していて

もうしばらく梅雨の雨はきそうにないですね。

 

できれば、今のうちにこびりついた水垢や鉄粉を取ってコーティングを施して

梅雨の雨や台風、ゲリラ豪雨ってのもありますね。

そういった雨風対策を今のうちにしておきましょう。

 

もうひとつ!

 

忘れてました。

 

塗装に最も悪影響を与える紫外線対策です。

 

これは洗車では防ぐことはできません。

 

コーティングをして塗装を保護する必要があります。

 

汚れを落とすことも重要ですが塗装を保護することも考えてください。

 

ガラスコーティングをしていて撥水効果がなくなってきたなと思う方は、

 

コーティングをメンテナンスをしてみましょう。

Be the first to comment
     

さあ! 梅雨だ!視界を確保しよう。

Posted 2017年6月10日 By cls-holand

今年も梅雨の季節がきました。

 

最近の四季を通して見るとなんか春が来て暖かくなったと思ったらテレビでは、「夏日です。」なんて言ってますね。

 

そして10月になっても暑かったりして秋になったと思えば、もう寒くなる。

 

梅雨というより雨季って感じの豪雨だし。

 

僕の子供の頃は梅雨というとシトシト降って、ジメジメしてたものです。

 

しかし最近は、先日の夜半の豪雨のように

ガ~~~~~っと降ってボワァ~~~~~って風が吹いて。

 

どこが梅雨なんやと。

 

雨の種類が変わってますよね。

 

更に、雨にはPM2.5や黄砂とか混じってるし、、、。

車を運転していて窓が汚れる汚れる、、、。

ワイパーのゴムが痛む痛む、、、。

ウォッシャー液の減りが早い早い、、、。

 

そんな感じです。

 

なので、うちのプレオにもそれなりに施しているのが

ウィンドウコーティングです。

雨をはじくというのが本来の目的ですが、

油膜を施工前にしっかり除去しておいて、後は油膜がつかないように予防をしておく。

 

水滴がはじけて視界を確保する。

というものですが、弾いても油膜がついていると視界を確保するという目的は半減してしまいます。

衝突安全防止のカメラやレーダーがついている車両はウィンドウコーティングをすると光の屈折率が変わってしまう場合がありますので、施工できない場合がありますが、油膜の除去だけはしっかりとやっておくほうがいいと思います。

(※新車の納車時点でコーティングをしてカメラやレーダーの不具合がないか調整等をおこなっている場合はウィンドウコーティングは可能と思われますが、ディーラーさんへの確認、又はディーラーでの施工をお勧めいたします。)

その他、梅雨らしからぬ晴天が続いていますので、また雨降るしって考えずに洗車を心がけてください。雨が乾いて黄砂やPM2.5等の塗装に悪影響を与える物質がこびりついてしまいます。

 

梅雨だし、もうええわと言わずに

 

梅雨だから、洗車や視界の確保を行ってはいかがでしょう。

 

Be the first to comment
     

過去の記録をみてみるとかれこれ2014年の6月に

一度作ってみて車のウィンドウに貼ってるんです。

 

まるまる、3年くらいになりますね。

 

サイズ的には横が15cmで縦が6.5cm。

 

それほど大きくはないサイズですが、貼ってみると結構な距離からでもうちのステッカーだと

わかるデザイン。

また、作っていただいた QUACK WORKS さんでの材料と腕がいいんでしょうね、

うちのプレオのリアガラスにも貼っていますが、

一年365日24時間風雨に晒され何度も洗車機に通されて洗車機ブラシで擦られていますが、

退色、劣化による剥がれや破れもなく、まもなく3年になろうというところ。

 

デザイン的には文字も小さいものがあったり細かったり、鋭角の部分があったりと

カッティングシートにすると印刷物とは違う悪条件の塊のようなものですが、

みごとな出来栄えです。

 

正味のところ、大きいショップさんとは違い吹いたら飛ぶほどの小さなホランドですので、

大量製作はしていません。

要望が集まっての、そしたらつくるかぁ~~っていうぐらいの重い腰を上げての製作のため、

前回同様に20枚の少数製作となりました。

 

ごくごく、少数での製作もQUACK WORKS さんでは受けてもらえるのでありがたい

ですね。

 

いやぁ、、、でも前に作ってから3年になるんだとしみじみ思うこのごろです。

Be the first to comment
     

好みでいくとこっちかなと、、、、、、。

Posted 2017年1月21日 By cls-holand

2本ともにブリヂストンのタイヤです。

プレオに装着しているもので、155/65R13 。

向かって左がプレイズ PX-C、現行とパターンは変わっていません。

右がエコピア PZ-XC 前モデルの為、現行ではパターンは変わっているようです。

 

ともに、2本購入に前輪に装着してしばらく走ってみました。

 

結論でいうと、僕の好みはプレイズかなというところ。

 

性能的には極限の走りをするわけではないのでさほど差はないのかなと思う。

ただ、タイヤパターンの違いによるものでプレイズの方が小石を噛みにくいみたいです。

走行に関してはプレイズの方が曲がる時に踏ん張りが効く感じがして安定しているように感じます。

燃費に関してはほとんど変わりはないように思えます。

減り具合に関しては、双方それぞれを前輪に装着して7000kmほどしか走っていないのでまだまだこれから経過観察ってとこでしょうか。

エコピアが省燃費タイヤをうたい文句にしているので、プレイズと比較して燃費や減り具合がかわるかなぁ~~~って思っていましたが、明らかに違いがでるとこまではまだいかず、、、。

 

個人的な好みとしては目に見えるほどの燃費や減り具合に変化がないのなら、運転のしやすさというか使っていてのフィーリングでいうとプレイズの方が合ってるのかなと思います。

プレイズの方がちょっと値段が張りますが、プレイズの方がエコピアよりもストレスが無い感じがするというのが大きいかなと。

2本づつを前後でローテーションしながらの走行ですし、まぁ、あくまでも個人的な好みのお話です。

Be the first to comment
     

新年 今年もよろしくお願い致します。

Posted 2017年1月5日 By cls-holand

新年 おめでとうございます。

旧年中は多くの方に御支持いただきすこ~~~しづつではありますが成長できた年でありました。

今年は、より一層の発展ができる年になるように精進して参りますので、

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

Be the first to comment
     

つい先日の10月26日の水曜日でした。

午前中に用事で出かけてちょっと暑いなと思ってエアコンを作動させました。

 

その時は問題なく、特に気になるものもなく。

 

用事を済ませて家に戻る最中に、

 

再度、エアコンをスイッチON!

 

すると、、、。

 

なんか、、、違う、、、。

 

いつもと違うな~~~んかカタカタというか

 

なにか違う音がする、、、。

 

駐車場に到着してなんの音かな?と

 

よくきいてみるけれどよくわからず、、、、、、。

 

なにかゴミでもひっかかったか?

と、

お~~~~~~い元気出せ~~~って感じで

エアコンのファンがある部分を

コンコンコン、、、とこついてみた。

 

しかし、特に変化はなく。

 

その時は、まぁ、大丈夫だろ、、、。という軽い気持ち。

 

 

午後からちょっと買い物に行こうと車に乗る。

 

車の中がちょっと暑かったので、エアコンのスイッチを入れると、

 

 

あれ?

 

風が出ません、、、。

 

おや?

 

エアコンの作動音はするけれど、

 

風が全く出ない、、、、、、。

 

 

 

ああ・・・・・・逝ってしまいましたか。

 

どうやら、エアコンのブロアファンのモーターが壊れたみたいです。

 

かれこれ、15年以上も経過した車ですので、仕方ないですね。

 

中古部品を購入し交換をすることにしました。

 

部品が届いて交換をします。

img_8619

 

 

 

 

 

 

 

 

img_8617

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の順番が逆になってしまいましたが、

運転席の足元からアプローチします。

 

先の画像の上の方の銀色に光るネジ1本で止まっています。

2枚目の交換したブロアモーターの上部にテープで印をしている部分です。

コネクターを外してネジを外します。

 

ネジ1本で止まっているので簡単と言えば簡単ですが、

ネジのすぐ手前に太いハーネスがあったり、ちょっと離れたところに

ハンドルやらなんやらとあったりして手持ちのドライバーがなかなか入らず

意外と苦戦しました。

 

ネジをなめないようにしながら外してファンモーター本体を交換し

再度、四苦八苦しながらネジを止めて、コネクターを接続して

完了です。

 

これでしばらくは安心です。

 

いやぁ、真夏でなくてよかったなと。

 

こういうこともやってるCLSホランドでした。

Be the first to comment
     

プレオが雨漏りする件。

Posted 2016年10月22日 By cls-holand

今年の梅雨あたりからかなぁ。

 

プレオの足元の床がびしょびしょになってたりしてました。

 

まぁ、最初は助手席部分だけのようでしたので、助手席周辺を見渡してみるとエアコンのドレンホースが見事に抜けていて、そこからポタポタと酷い鼻水のように滴り落ちて床に染みこんでしまっていました。結果、フロアマットの裏がびっしょびしょに濡れてタオルや雑巾、新聞紙である程度の水分を取って乾かすことになりました。

原因はドレンホースの抜けですが、

これは息子を乗せた時に息子が足を伸ばした時にホースを踏んで抜けてしまったものと考えられます。

 

外れたホースは元通りに戻して抜けないようにタイラップで固定しました。

 

 

それから数週間。

 

あれ?

 

また濡れてる。

 

 

おかしいな・・・・・・。

 

助手席の足元からなんかぴちょぴちょ・・・。

 

マットをめくると床はびっしょびしょ。

 

 

あれぇえ~~~~?????

 

エアコンのドレンホースは?・・・抜けていない。

 

えええええ?

 

どこ?

 

よくみると、助手席とその後ろがびしょびしょです。

運転席の後ろも濡れています。

運転席だけ濡れていません。

 

どこどこどこ~~~~?

 

どこをみても漏れている形跡は無く。

 

前からや横からではなくて後ろから?

 

と、ふと思いつき。

 

 

リアゲートを開けて非常用タイヤがある部分を覗きました。

 

そしたら・・・。

 

濡れてるやないか!

 

どこや!~~~と探してもわかりません。

 

そこで、内貼りを外して濡れている部分を拭いて乾かして。

 

形跡を探してみますが漏れた跡はありません。

 

どこ?

 

そこで、洗車機に入れて水がかかった状態で中から観察することにしました。

 

そしたら・・・。

 

 

どうやら左の後ろの方から水が垂れる音がしました。

 

 

車を移動させて後ろのゲートを開けて確認しました。

 

するとテールランプの裏側あたり・・・。

 

で、テールランプを外してみました。

img_5957

 

 

 

外して怪しいところを探してみると。

 

 

 

 

 

 

img_5958わかりにくいかもしれませんが、

 

 

ボディ側のちょうど真ん中あたりに

四角く穴が開いている部分があります。

 

車両の設計上で他のグレードで使うための穴の

ようですが、このプレオでは使用しないために

元々塞いであった穴のようです。

 

穴の裏側を手で探ってみると、あきらかにここにはまっていたであろうプラスチックの部品が

転がっていました。

部品は劣化して割れていましたので、

まぁ塞げば何とかなるか・・・と軽く考えて

img_5959

 

 

周辺を雑巾で綺麗に汚れを落として、

 

アルミテープで塞ぎました。

 

 

 

これでどうだ!

 

という勢いですが、その後雨も降る事もなく、

自分の車の為、わざわざもう一度濡らして確かめてってするのも面倒なので、

 

雨が降ったらわかるやろ的な発想で部品を元に戻して雨がふるのをドキドキでまつ日々です。

 

 

さぁ・・・どうやろ・・・?

Be the first to comment