エンジンを冷却(冷やす)はなし。

Facebook にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

先日、プレオのラジエーターの液漏れの件を載せました。

 

そこで、ふと思ったのが、ラジエター液ってなに?って

絶対に必要なもの?っていう初心者のかたの疑問です。

 

ラジエターっていうのはエンジンが加熱して熱が上がりすぎないように

冷やすための部品です。

内燃エンジン(普通の車のエンジンと考えてください。)はエンジンの

中で燃料を燃焼させてそれが燃えるときに出すエネルギーを直接動力に

変えます。(荒っぽい説明ですが・・・。)

 

車のエンジンはその代表的なもので、エンジンの中で爆発が常に起こっています。

爆発が起こっていることで、エンジンは加熱し続けます。

そのままほおっておくと、その熱でエンジン内部から溶けてしまい壊れます。

 

なので、ある程度のところで収まるように冷やします。

 

冷やし方は 二通り。

空冷と水冷です。

 

空冷とは、エンジンそのものに風を当てて冷やす方法。

初期の飛行機や自動車、バイクに採用されていました。

640px-Le_Rhone_9C初期の航空機エンジンです。今の飛行機だとエンジンからプロペラが出ていて

プロペラが回転しますが、これはエンジンを冷やすためにエンジンとプロペラが

一体化していて、一緒に回ってエンジンに風をあてて冷やします。

kuurei

バイクのエンジンの表面の部分です。

エンジン本体の表面にフィン(羽根)をつけて、熱を拡散する面積を増やして

そこに風があたることで冷やします。

 

水冷とは、エンジンの中に水が通る穴を作り、そこへ水を流して冷やす方法。

現在の車の主流になっている方法です。

熱を持った水はラジエターにまわりそこで冷やされてまたエンジンへ戻って

エンジンを冷やします。

ラジエターが空冷エンジンのフィンの役目をします。

 

このように、エンジンはある程度の温度を保つことで性能を発揮します。

そのために余分な熱は強制的に排除するという事です。

 

このエンジンで作られたエネルギーで熱になってしまうものがかなりの割合を

占めます。熱となったものが動力に活かされればもっと性能があがります。

基本的なことですが、エンジンを研究するメーカーは長年、この課題に挑戦しつ

づけているのです。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

CLS-Holand
Assign a menu in the Left Menu options.
Assign a menu in the Right Menu options.