ディーゼルが増えた感じがします。

Facebook にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

マツダが発表したクリーンディーゼルは好調なようです。

最近、給油に来店するマツダ車はディーゼルばかりのような気がします。

 

トラックや商用車(バン)などのディーゼルなら

まだまだ

 

ガラガラガラガラ・・・・・・・・。っていうエンジン音です。

 

しかし、マツダのスカイアクティブ・ディーゼルの場合は

 

よく聞くとディーゼル独自のエンジン音がしますが、

気になるほどのエンジン音はありません。

index_section2_img          (MAZDA HPより)

これは、車の中からだとほとんどわからないくらいになります。

 

何年か前ならディーゼルは重く、馬力がないので小型車に向かないって

いうのが世間の風潮でした。

 

ところが、今は違ってきているようです。

デミオがそのもっともたるものです。

 

1.5Lのディーゼルエンジンを搭載していますが、

ガソリン車の2000ccクラスの力強さがあります。

 

しかも、軽油。

CX-5のディーゼルには乗りましたが、静かで加速もよく、

凄く運転しやすい!って思いました。

 

デミオクラスではディーゼルだと加速がいいので、街乗りには非常に扱いやすいものになると思います。

同クラスのハイブリッド車と比較すると、エンジン単体ではHV車の方が軽いと思いますが、HVシステムとエンジンの合計と比べるとディーゼルエンジン単体の方が軽いと思います。

そのあたりも燃費に貢献しているんじゃないでしょうか。

 

これから他社もディーゼルを研究すると思います。

 

あるいは、HVシステムのOEMみたいに

エンジンのOEMもあるので、マツダのディーゼルが他社にも影響あたえるのかなと思います。

コメントを残す

CLS-Holand