Archive for 11月 20th, 2014

タイヤの空気圧チェックをしているとたま~~~に

タイヤにヒビ(亀裂)が入ったタイヤを履いてらっしゃる方がいます。

 

製造された年度を確認するとだいたい5~6年以上も前のタイヤが多いですね。

8年以上のタイヤになると結構ひどい状態のものもありますが、

それほどひどいタイヤを履いてる方はほとんどいませんが・・・。

 

しわのようなヒビであればまだ、それほど気にならないものもありますが、

あきらかにヒビという亀裂が入ったものをたまに見ます。

 

そういう場合はたいてい交換をおすすめします。

 

溝が残っているとドライバーの方は「大丈夫、大丈夫」って

気にも止めない方が多いみたいです。

 

しかしですね~~~。

 

タイヤはゴムからできています。

にカーボン(炭素)を混ぜることで耐久性をアップさせますが、

輪ゴムと同じで年数が経つと硬化し柔軟性を失います。

古い輪ゴムを思い出してみてください。

触るとプチって切れてしまいます。

 

タイヤも同じように剛性が低くなっているんです。

 

実際に大丈夫って話を聞いてもらえなかったお客様が、高速道路で

バーストしたって後で話をされたことがあります。

 

なんで、あそこでもっと強くいってくれなかったんだ・・と。

 

と、言っても押し売りではありませんので・・・。

 

メーカーもだいたい5、6年ぐらいが交換の目安としていますが、

使用状況や環境によって状態が変わってきますので、一概にこれですとは

判断しにくい部分があります。

 

なので、タイヤの空気圧のチェックや車検時期には是非、よく確認をして

いただきたい部分です。

 

大丈夫、大丈夫って思っていても、タイヤは命を支えていますので、

軽く見ないでいただきたいと思います。

 

ホランドでもタイヤチェックを無料でしていますので、

ご来店の際は、お気軽にお申し付けください。

Be the first to comment
CLS-Holand
Assign a menu in the Left Menu options.
Assign a menu in the Right Menu options.